2016年8月7日日曜日

8月7日(日)オープンキャンパス「Only oneの塗装にチャレンジ!」

今回のオープンキャンパスは、自動車のボディーの修理の作業の自動車のボディーの凹みを引っ張って修理する「板金」、スプレーガンを使っての色を塗る「塗装」の二つのコースに分かれて体験実習を行いました。参加者は初めての作業ということもあり恐る恐る作業をしていましたが本学の学生に助けられながら、うまく作業が出来たようでした。


2016年8月6日土曜日

8月6日(土)第12回高校生ものづくりコンテスト四国ブロック大会【自動車整備部門】

 高知県立宿毛工業高校、松山聖陵高校、香川県立坂出工業高校から計6名の選手が参加し、応援の生徒が見守る中、全国大会出場をかけて行われました。
 選手は真剣な面持ちで筆記試験や実技試験に挑んでいました。




2016年8月4日木曜日

8月4日(木)第48回全国自動車短期大学協会研究発表会

 愛知工科大学自動車短期大学・AUTホールにて、第48回全国自動車短期大学協会研究発表会が行われ、全国7短期大学から8件の研究発表と今年度より賛助会員の中からトヨタ自動車株式会社より記念講演1件が行われました。本学からは助道永次也先生が「自動車エネルギーに関する研究-フライホイール式ハイブリッドシステムの可能性実証試験-」について発表しました。研究の成果を学生教育に生かしていこうと、熱のこもった発表会となりました。



2016年7月23日土曜日

7月23日(土)イベント「夏休みの自由研究」を開催

 小学校4~6年生対象で「夏休みの自由研究」のイベントを開催しました。
テーマは「環境」ということで、「空気抵抗」と「ソーラーパネル」について実験を行いました。
 おもちゃのタイヤを付けたタッパーに、厚紙や折り紙などの素材を使って思い思いの自動車を作ってもらい、ブロアファンで風を当てて移動した距離の違いによる空気抵抗の差を測定してもらいました。
 またソーラーパネルについての実験や講義も行い、参加者は環境への理解が深まったのではないかと思います。



7月23日(土)オープンキャンパス「安全装置ってどう働くの?」

 今回のテーマは「安全装置ってどう働くの?」で、自動車に装備されている「エア・バッグ」や「シートベルト」、「安全ガラス」などの安全装置について体験していただきました。
自動車に乗り込みシートベルトの切断や安全ガラスを割ってもらいました。その後、エア・バッグを作動させ、衝撃の凄さを見てもらいました。エア・バッグの作動はテレビでは見たことがあるが実際のエア・バッグの展開を初めて身近で見たという参加者が多くいました。
 また最新の安全装置として「ブレーキ・アシスト」の体験をしてもらいました。
「ブレーキ・アシスト」とは前方に障害物が接近してもドライバーがブレーキを踏まない場合、自動的にブレーキを作動させて衝突を回避してくれる装置です。参加者たちは実際に自動車の助手席に乗り込んでもらって「ブレーキ・アシスト」を体験していました。
 体験した参加者は「思ったよりなかなかブレーキが作動しなかったのでぶつかるかと焦った」と感想を漏らす人もいました。




2016年7月15日金曜日

7月15日(金)職員研修

 愛媛大学講師より教育改善のひとつの手法としてのIRについて、基本概念及び取り組み方の説明がありました。その後、5つのグループに分かれて、教育改善(学習支援)のための課題と必要なデータ、情報について討議しました。最後に、各グループが発表し多様な意見があることがわかりました。



2016年7月13日水曜日

7月13日(水)飯泉嘉門知事講演会

 本日、本学に飯泉知事が来学していただき講演をしていただきました。講演のテーマは
「 「地方創生」本格展開!~VS東京「とくしま回帰」戦略 」と題して、現在の徳島県が行っている政策の現状や今後の活動について語っていただきました。講演後、学生から活発な質疑応答があり、学生たちは知事と身近に交流することができ、有意義な時間を過ごせました。